ミゾヨコの知恵袋

異端系の元おたんこナース 健康オタク 英語勉強中 世界一周の記録 

【カルドンラ峠・ヌブラ渓谷】バイクで世界で一番天国に近い車道(標高5300m)走るってどゆこと?!

マナリからレーまでの絶景にすっかりバイク熱が高まったミゾヨコ。偶然にもレーでバイク旅をしている日本人に遭遇した。彼に懇願し、自分もバイクをレンタルしてヌブラバレーに出発した。しかしバイクはオンボロ、運転技術も微妙なミゾヨコは過激なオフロードと標高5000mの酸素のうすさに・・・・冒険はまだまだ続く。

レーにてラダック観光の方法を考える【チベット文化圏をバイクで爆走?】

とうとうインドの最北端まで来たミゾヨコ。また携帯が繋がらなくったので旅行会社を歩いてまわりながら観光情報を集める。行ってみたいところは沢山あるが、公共交通機関は絶望的に少ない事がわかった。次に思いついたのは・・・・

【マナリからレーへ】タクランラ峠の過酷な長距離移動だってへっちゃらにしてくれる絶景

マナリからラダックのレーに向かう道は標高5000mの峠を三回も超える過酷な道。バスは遅れ遅れに出発し、ドライバーが窓を全開にしたまま走るため極寒。膀胱炎が治ったばかりのミゾヨコは寒さをおしんのように耐えていたが・・・・・

雨季のマナリにバスで行くのは危険が一杯

リシケシからマナリを目指すミゾヨコ。一番安いローカルバスを選んだことを速攻後悔。椅子は板張りのように硬い上、サスペンションの機能してないおんぼろバスに揺られてお尻が悲鳴を上げる。その上大雨で道路が寸断され・・・・・

インド人の頭の中ってどーなってるの!?

スリランカからインドに戻りまたひとり旅を再開したミゾヨコ。少しでも快適に旅がしたくていつもよりいいグレードの列車に乗り込んだ。しかし夜間に冷房が強すぎて全く快適とは程遠い。またデリーでもいつもの安宿ではなくWIFI,エアコン,冷蔵庫付きの部屋を奮発したが・・・・・。

女一人旅のジレンマについて語るスリランカ最終回

スリランカ旅最終回。K氏を日本に見送ってから再び一人旅再開したミゾヨコは早速バスの乗り方がわからず爽やかな青年に助けられる。その青年は宿に着くなりミゾヨコの部屋に入ってこようと試みたり、ストーカーのように変わっていった。その挙句・・・・・。女ひとり旅で誰もが経験するジレンマだと思います。

シーギリヤは眺めるだけでいい?

スリランカ旅の後半。シーギーリアに移動し、その後東海岸に移動中にトラブル発生。久々にカーリーが君臨しいた話。その後はビーチリゾートでまったりしネゴンボの美味しいシーフードレストランへ。

新人看護師で追い詰められている貴方へ

仕事が覚えられない、怖い先輩にいつもビクビクしてしまう、責任の重さに押しつぶされそう。努力しているのに認められない。こんな筈じゃなかった、もう仕事やめたい!という貴方の心が少しでも楽になればと思って書いています。

世界遺産ニルギリ山岳鉄道からのインドの結婚式に乱入→チェンナイで病院に行ったら帰れなくなった話。

ニルギリ山岳鉄道の概要とウーティー からの乗車記録。宿泊したホテルで偶然行われていた結婚式に潜入しました。結婚という幸せの絶頂であるはずなのに、二人ともよそよそしくハッピーオーラなんて皆無なのはなぜ?その後チェンナイで海外旅行保険を使い病院に行ったらホテルの名前や住所がわからなくなり彷徨った話。

ランタントレッキングのまとめ

チトワン からポカラへ 2014年5月24日  世界一周260日目 チトワン 国立公園を楽しんだ後、ミゾヨコ一行はポカラへと向かいました。 ツーリスト用のバスをつかわなかったら9時間かかるかもと言われていましたが、ローカ […]