オバジゼオスキンの体験談
Pocket
LINEで送る


ミゾヨコには美のカリスマと崇拝するお姉様がおります。

Mさん、アラフィフ。 安達祐実と友近を足して二で割った美人さん。

美意識が高く、ピタティスもインストラクターの資格を持つほど。

そんなMさんにこの美白方法を教えてもらいました。

オバジゼオスキンとは

オバジ ゼオスキンヘルス

アメリカの皮膚化学者のDrオバジ(OBAGI)の考案した肌の再生理論から生まれた、スキンケアプログラムです。

紫外線は肌の老化は早めます。また防御反応としてシミやそばかすを作ります。
オバジニューダーム は肌の再生機能に働きかけ、通常のサイクルを早める事によって奥深くにあるメラニンを生成している源を剥がします。
このメソッドは30年以上前に開発されており、世界の美容業界から高い評価を受けているそうです。

噂によると、マイケルジャクソンもこれであんなに白くなったのだとか・・・。

このプログラムに使われているメインの成分はハイドロキノンとトレイチノンです。どちらも単品でもそれぞれ効果があるのですが、両方を合わせると効果がさらに高まるそうです。お肌の再生を早める為、導入期は皮膚が赤らみ、古くなった角質がボロボロ剥がれ落ちます。その為ゼオスキン は専門の皮膚科が一人ひとりの肌質に合わせて用法・用量を決めます。


ハイドロキノンとは

ハイドロキノンとは、イチゴやコーヒーなどに含まれる物質です。メラニンの合成要素であるチロジナーゼの阻害剤であり、メラニンの生成を作らせなくします。別名肌の漂白剤とも呼ばれています。5%以上のハイドロキノンは動物実験で発癌性が認められているため、使用が禁止されている国があります。また、アメリカでも2%以上は医師の処方が必要です。

日本では禁止されていないので個人輸入も可能ですが、一般の化粧品とは全く違うので、初めは皮膚科の先生に診てもらいながらの使用を強くお勧めします。

トレチノインとは

トレチノインはもともとニキビ治療薬として米国で処方されていましたが、強力な皮膚のターンオーバー促進作用があり、シミやシワを改善する事でさらに有名になりました。市販品の濃度は 0.01%~0.1% 程度であり、症状や体質に合わせて適切な濃度のものが処方されます。肌の美白で使う場合は0.025%から0.1%の間が主流のようです。

個人差はありますが使用開始から数日以内に皮膚表面の角質の著しい剥離が始まります。これを繰り返すことで、皮膚が徐々に生まれ変わり、ニキビやシミ、シワが改善します。トレチノイン使用中は肌のバリア機能が低下するため、日中は日焼け止め効果の高いサンスクリーンの使用が必須です。



実際に中国地方の某クリニックに行ってみた

昔アトピーがひどかったので使えないかと思ったけど、そんな事もなく無事に購入。

女医さん曰く、「赤くなるのは普通だけど腫れてきたらアレルギー反応かもしれないから相談に来てね〜」っと。

そのクリニックで働くスタッフもアレルギー症状がでた人がいたそうですが、量を調整して無事にもっちり色白肌になったそうです。

あ〜、どこまでそばかすが薄くなるか楽しみ♩

ちなみに、シミがよくわかるすっぴんの写真なんて、直ぐに抹殺するので唯一残っていいた使用前の状態がこれ↓↓↓



汚らしい顔をお見せしてすみません(汗)

しかし最近の携帯って性能良すぎ(怒)

いや、実際はもう少しマシでした(多分)

と言うのも、これはインドでバイク旅したり

ネパールで1ヶ月ほど山登りしたりした直後だったので

余計と黒いです。

と、言い訳はここまで。

ミゾヨコはこのシミをなかった事にするべく


オバジゼオスキン

オバジ ゼオスキンヘルス



2017年10月から使い始めました。



開始〜数日間

旅中は世界中どこでも買えるニ●アばかり使っていたため

塗るものが多すぎてちょっと混乱w


美容番長のMさんに見てもらうと、彼女が持っているトレチノンとは容器が違うらしい。

私のは真っ白なチューブで中身も5gくらいのが3本だった。

どうやら、皮膚科によってトレチノインだけは違うみたい。


初めはメラミックス1プッシュにトレチノイン米粒大くらいからスタート。

2日目から少し赤ら顔になり、三日目から皮がむげ始めた。

思っていたより反応が穏やか。

1ヶ月経過

順調にむげ続けるが、ボロボロ落ちる皮が薄くなってきた。

なんだか物足りなくなり、少しずつトレチノインを増やしていき、2本目に突入。剥けるには剥けるけど、ネットの画像検索で見るほど悲惨な状態にならずに経過。

う〜ん、Mさんから聞いていたより辛くない。

ドMなのにつまんない。これがミゾヨコの感想です。

2ヶ月弱のところで一旦中断。

人に会ったり、旅行が続いたりして1ヶ月おやすみしました。

その後


3本目の新品トレチノインを紛失

正確には海外長期滞在していた先の冷蔵庫に忘れて帰ってしましました。悲しー!

仕方がないので同じクリニックで新しいのを追加で1本購入。

残りのゼオスキンを再開したのは2018年1月下旬。

ここで新しい発見!

あれ、前のトレチノインは無色透明の美容液みたいなのだったのに、

今回は黄色のもう少し硬めのテクスチャー。

何これ、効きそー!

久々にオバジ再開して、早速皮がポロポロむげ出した。

それが、

今までで一番の強い反応

どの位かって、友達にはびっくりされ

空港でも隣の外国人に「なんでそんなになってんの?」って話しかけられるレベル。

今まで使ってたトレイチノンは何だったん?

もう一回言わしてもらうと

最初に買った3本は何やったんや(泣)

です・・・・・。






憶測ですが、アトピー肌に配慮して一番濃度の薄いトレチノインを処方してくれてたんでしょうね。。。。

3ヶ月やり終えてみて


なんだかとっても損した気分になったミゾヨコですが、途中でクリニックに相談しに行かなかったし、外出中の日焼け対策がちょっと疎かにだったことがあったので、仕方なかった部分もあります。


そして、残りを全て使い切った後はこんな状態です。

オバジゼオンをフルセット購入し、3ヶ月とちょっとで使いきりました。



がっつり日焼けした後と比べると、全体的に白くなってます。


ミゾヨコの感想

もともと地黒で、日本の大手化粧品メーカーのファンデーションは肌に合わないミゾヨコ。いつもはMISSHAのBBクリーム23番でもやや白浮きしていましたが、首との境目がなく自然な仕上がりになったと思います。

全体的な美白ができた分、むしろシミとソバカスは目立つように感じました。薄くはなったけど。今まであまりシミ・ソバカスが気にならなかったのはズバリ地黒だったからですね。

お肌のもっちり感もしばらく持続していましたが、この後アフリカ大陸を3ヶ月かけて縦断したのでまた少し焼けてしまいました。

反省点

結果には割と満足しています。何回も脱皮して肌のキメも整いました。ただ、オバジの力を最大限に引き出す使い方ができなかったのが残念な点です。オバジについてあまり知識がなかった事と、私自身が同じ場所にずっといなかったのでクリニックに行って相談できなかったのが原因だと思います。

もう一つは、オバジを使い切って直ぐに紫外線の強く浴びてしまった。もちろん日焼け止めはしっかり塗っていましたが、それでも紫外線をなかったことにはできないと思います。オバジを使っている間は、ターンオーバーが早くなっている為いつもより肌が薄くなっています。せめて2週間くらいは肌を休ませて防御機能を回復させていればよかった。

以上の反省点を踏まえて、今はオバジニューダームに挑戦中です。 

オバジ ゼオスキンヘルス