シドニーは街ってだけで観光するところはあんまりないっていうのが
Pocket
LINEで送る

っていうのが私の印象です。

  ミゾヨコ

この記事は2013年11月14日に書かれたものですが、修正して19年1月に更新しました。

   まる

2013年10月平均為替は1オーストラリアドル=93円にゃ


学生の頃、英語の先生が東欧出身の人でした。

当時アメリカかぶれだったミゾヨコに

「あんな歴史のない国に行って何が面白いの?」

で不思議がってましたが、

今になってなんとなくわかるようになりました。

欧米諸国って、街並みがほとんど一緒にみえるんですよね。。。

立派な美術館や、街を一望できるタワーなんかも

「わー大きい!」


・・・・それ以上のコメントを思いつかないんです。

なんというか、美的センスがないのかも(悲)

とりあえずの町歩き

そんなミゾヨコが

シドニーっつったらここでしょ〜。


っていう、行ってみたい場所もないので


とりあえず絵葉書によく出てくるここへ

DSCF3515.jpg

そして、することないのでしばらく街をぶらぶら

さすが海沿いの街だけに

DSCF3525.jpg

餌をあげるのも鳩ではなくカモメ

DSCF3537.jpg

町並みはきれいです

あっ、そういえば朝っぱらからこんなストリートパフォーマーがいました

DSCF4729.jpg
DSCF4731.jpg

これ、朝8時です(゚Д゚;)

ほとんどの人はノンリアクションで通り過ぎますw

もう少し近くでとればよかったんですが、全身何か塗ってるのかめっちゃ濡れた感じですw

そして、そんなに歌うまくないっていう・・・・・。

まあ、そこがツボなんですけどね。

心打たれたのでしっかり寄付しました(*‘∀‘)

宿の同室者からのタレコミ

シドニーで暇してた私に、

宿で同じ部屋の日本人がいいこと教えてくれました。

何でも、ブルーマウンテンは電車でいけるらしい♪

お!いいねいいね♩

町歩きがすでに飽きていたミゾヨコに朗報

いちいちツアー代金が高いオーストラリアにいながら

電車で行ける世界遺産があるなんて素晴らしい♡

早速翌日ブルーマウンテンに行ってみました。

なんでブルーマウンテンと呼ばれているかというと、山を覆っているユーカリの木は、

気温が上がると葉から油分を蒸発させ、その蒸発した油分がブルーマウンテン一帯を青くみせるため、

その名前がついたそうです。

ブルー・マウンテンまでの往復は50ドル。

駅をお降りてからは乗り放題のバスのって各地をめぐります。

DSCF3543.jpg

最初はロープーウェイのある場所で降ります。

どのタイミングで払ったかいまいち覚えていませんが、入場料か何かで35ドル。

DSCF3549.jpg
DSCF3544.jpg

ロープーウェイからの眺め。

DSCF3564.jpg

次はこれで急こう配を下ります

DSCF3573.jpg

昔は炭鉱が盛んだったようでその頃の説明

DSCF3581.jpg
DSCF3580.jpg

しばしブッシュウオーキングを楽しんだ後は

バスを待ちます。

DSCF3600.jpg

次はハネムーンベイからショートウオーキング

DSCF3601.jpg
DSCF3642.jpg

展望台からスリーシスターズを眺めます。

DSCF3622.jpg

なんでごつごつした岩なのに、ブラザーズではないのかは不明w 岩って女性名詞なの?!

そんなこんなでシドニーの観光は終わり。

次はニュージーランドに移動するのでした(*‘∀‘)

メルボルンでマラソン大会に出場した話はこちら↓


最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加中です。

ポチッと押してもらえると他の人の面白いブログが見れて、
さらにミゾヨコが泣いて喜びます。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ
にほんブログ村